DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLCN Repository >
b.聖路加看護大学紀要 >
38号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2011056-kiyo38-8422.pdf677KbAdobe PDF見る/開く
種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 「きぼうときずなプロジェクト」 聖路加看護大学福島県災害支援プロジェクトの中間活動報告
タイトル別表記: Hopes and Connections Project: The Interim Report on Support for Disaster Victims in Fukushima Prefecture by St. Luke’s College of Nursing
著者: 田代, 真理
有森, 直子
大橋, 明子
大畑, 美里
實﨑, 美奈
高橋, 恵子
本田, 晶子
八重, ゆかり
山田, 雅子
井部, 俊子
キーワード: 東日本大震災
災害支援
きぼうときずな
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 38
開始ページ: 34
終了ページ: 38
発行年月日: Mar-2012
出版者: 聖路加看護大学
抄録: 〔要旨〕  聖路加看護大学看護実践センターでは2011 年3 月11 日の東日本大震災の後,NPO 法人日本臨床研究支援ユ ニットが立ち上げた東北地方災害支援のための「きぼうときずなプロジェクト」に賛同し,福島県災害支援プロジェクトに4 月から取り組み始めた。活動地域はいわき市,相馬市,郡山市で,各地域に聖路加看護大学と縁の ある看護師や保健師を1 ~ 2 名ずつ派遣した。8 月31 日までの派遣者は363 名である。  いわき市では市の保健師と連携・調整のもと,避難所における看護,被災住宅の戸別訪問を通して住民ニーズ を把握し,支援活動にあたった。  相馬市では福島県立医科大学の心のケアチームを支援し,地域の精神医療のシステム化に向けたサポートを 行った。  郡山市では福島第一原発20km 圏内で町ごと避難している富岡町に対して,仮設住宅の戸別訪問やその後の フォローを行った。  今回は8 月31 日までのプロジェクトの活動報告を行うこととする。
抄録別表記: 〔Abstract〕  Since April 2011, a month after the March 11 Great East Japan Earthquake, the Research Center for the Development of Nursing Practice at St. Luke’s College of Nursing (SLCN) in Tokyo has been involved in the “Hopes and Connections Project” to support disaster victims in Fukushima Prefecture.  The “Hopes and Connections Project” was launched by the nonprofit organization Japan Clinical Research Support Unit, with the cooperation of SLCN.  Areas in which the project is active are Iwaki, Soma and Koriyama cities in Fukushima Prefecture. One or two nurses associated with SLCN have been sent to each city on a continual basis. A total of 363 nurses had been sent to these cities as of August 31, 2011.  The nurses working in Iwaki are providing nursing care in evacuation centers and visiting homes in disaster-stricken areas to assess the needs of residents and engage in supportive activities. In Soma, nurses are providing assistance to the activities of a mental health care team and helping to work toward the systematization of community mental health in the area. In Koriyama, nurse volunteers are visiting the temporary housing facilities of evacuees from the town of Tomioka, which is located within the 20-kilometer radius of the Fukushima No. 1 nuclear power plant. Consequently every household in Tomioka was ordered to evacuate due to the threat of exposure to radiation. The present report covers project activities from April 1 to August 31.(235)
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/8422
出現コレクション:4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
38号

「EBSCO」へのリンク

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/8422

csv xml ref

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください